老化の原因 !恐ろしい糖化を防ぐ食べ物って何?

poached-eggs-on-toast-739401_640

甘いお菓子や飲み物がやめられない。

ついついパンやパスタで食事を済ませてしまう。

そんな方はちょっと要注意です。

もしかしたら、平均より糖化が進んでいるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

糖化って何?

少し前まで、活性酸素による酸化が老化の主な原因と言われていましたが、最近の研究では酸化よりも糖化の方が肌と老化を進めると言われています。

糖化とは体内の入ったブドウ糖が体内のたんぱく質と結合してコゲ(AGE)を発生させる事です。

お肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層構造で出来ていますが、この中で真皮はハリや弾力を内側から支える働きがあります。

この真皮の70%を占めるのがコラーゲン。

コラーゲンはたんぱく質の一種なので、糖と結合すると茶色く劣化し、肌のハリや弾力が低下してシワやたるみ、シミの原因になってしまいます。

炭水化物の多い食事や甘いデザートなど糖分を多く含む食事は糖化を加速させます。

また、焦げ目の付いた食品もAGEを発生させますから、あまりたくさん食べない方が無難でしょう。

さらにストレスが溜まっていたり、喫煙の習慣があると酸化も加わるため、さらに老化が進みやすくなってしまいます。

糖化を防ぐ成分は?

tee-638166_640

老化の原因になるAGE

でも、糖質や焦げを全く摂らないなんて無理ですよね。

特に炭水化物をダイエットの敵だとみなす方もいらっしゃいますが、炭水化物も必要な栄養素ですから、きちんと摂ってくださいね。

さて、ここで朗報!

恐ろしいAGEですが、抑制させる成分が多くの食品に入っているのです。

・カテキン

カテキンはコラーゲンの糖化反応を抑えAGEの発生を防いでくれます。

緑茶、番茶、煎茶などに含まれています。

日常のドリンクは緑茶!ですね。

・ビタミンB6

AGEを直接抑えてくれるビタミンです。

マグロ、カツオ、サバなどお魚に多く入っています。

お刺身は、まさにアンチエイジング食。

・ビタミンB1

ビタミンB6と同じくAGEを抑えてくれます。

大豆、豚肉、ごまなどを食べましょう。

豚肉は焼くより茹でる・蒸すでヘルシーに!

スポンサードリンク

おすすめ食材トップ10

糖質が少なく、AGEを増やさないおすすめの食材です。

普段の食事でも意識的にたくさん食べましょ。

生、茹でる、蒸すが調理のポイントですよ。

1、アジ、サバのお刺身

2、アサリ、シジミ

3、マグロのお刺身

4、緑黄色野菜

5、豆腐、納豆

6、牛肉、馬肉、鶏肉

7、ナッツ類・枝豆

8、豚肉

9、サーモン

10、モッツアレラチーズ

(出典:糖質オフのおつまみダイエット)

まとめ

いかがでしたか?

体の酸化サビだとすれば、糖化コゲ

甘いデザートやお菓子、炭水化物だけの食事は糖化を促し老化を進めてしまいます。

また、焦げ目のついた食品もAGEを発生させますから、ほどほどに。

カテキン、ビタミンB1,6がAGEを抑制する働きがありますので、積極的に摂取しましょう。

調理のポイントは生・茹でる・蒸す。

ダイエットにもなるので、おすすめの調理法ですよ。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る