落ちればいい訳じゃない!クレンジングの種類と特徴そして選び方

cosmetics-825092_640

お化粧を落とす時に使うクレンジング、何をお使いですか?

一口にクレンジングと言っても、色々と種類がありますね。

「とりあえず、メイクが落ちれば何でもいい」

以前の私はそんな考えでした。

でも、化粧品のカウンセリングを受けてから、その認識は間違っていると知りました。

間違ったクレンジングによってお肌のトラブルをかかえ、悩んでいる方が多いと言うお話を聞いたのです。

間違った使い方で肌に汚れが残っていたり、逆に必要な皮脂まで洗い流してバリア機能を弱めてしまう事があるのです。

正しいクレンジングの選び方を覚えて、健やかなお肌に導きましょう。

スポンサードリンク

メイクはナチュラル派?ケミカル派?

メイクはナチュラル派って、お化粧の濃い薄いの話ではありませんよ!

普段お使いのファンデーションやメイクアップ用品、ナチュラルな素材のみを使った製品をお使いですか?

よほど気にして選んでいない限り、ほとんどの方はケミカル成分が含まれている化粧品をお使いだと思います。

一般のメイク用品は合成ポリマー、シリコーンオイル、タール色素などを使用しています。

これらの成分は皮膜力が高く肌にメイクがぴったりと密着しているため、クレンジングも界面活性剤を含んだ比較的刺激が強い製品でないと完全に落とせません。

お肌に優しいからとクレンジングだけをナチュラルに変えても、メイクが落としきれずに肌に残ったままになり肌荒れをおこしてしまう事があるので注意しましょう。

一方、ファンデーションやメイク用品がナチュラルな製品をお使いなら、クレンジングもナチュラルな製品にしましょうね。

ケミカル派のクレンジング

young-woman-687444_640

「クレンジングはお肌に栄養を届けるものではなく落とすものだから、できるだけ安い物がいい」

こんな風にお考えの方もいるでしょう。

でも、クレンジングでお肌を痛めている方がいるのも事実。

落ちればなんでも良いではなく、お肌を守りながら汚れを落とす。

という考えにシフトしましょう。

では、クレンジングの種類と特徴をみていきます。

オイルタイプ

クレンジングの中で一番洗浄力が高のがオイルタイプ。

濃いメイクもさっぱり落としてくれます。

しかし、オイルタイプはクレンジングの中でも一番合成界面活性剤が多く含まれています

できれば、オイルタイプは避けたほうが良いでしょう。

使用する際は、なじませる時間を短くしましょう。

 

リキッドタイプ

オイルの次に洗浄力があるのがリキッドタイプ。

水分をベースにしていますが、油分を含んだメイクを落とすために合成界面活性剤が多く使われています。

敏感肌や乾燥肌の方は避けた方が無難でしょう。

スポンサードリンク

ミルクタイプ

クレンジング力は多少落ちますが、ケミカルクレンジングの中では合成界面活性剤が少なくなっています。

クレンジングしながらお肌を守る事もできるので、乾燥肌の方はミルクタイプがおすすめ。

ポイントメイクは落ちきれない場合があるので、専用のリムーバーで落としてからミルクタイプを使いましょう。

 

クリームタイプ

ミルクタイプと同様、クリームタイプも洗浄力は弱めです。

そのかわり、肌への刺激は少な目と言えるでしょう。

クリームタイプはマッサージクリームとしても使えるのが、特徴の1つ。

ただし、ティッシュなどで拭き取る時にお肌を痛める可能性もあるので、拭き取りはホットタイルで行うのがベター。

 

シートタイプ

シートにクレンジングが含まれているしーとタイプ。

魅力は何といってもお手軽さでしょう。

ただし、お肌への摩擦や洗い流さない事による合成界面活性剤の影響も気になります。

日常的に使用するのはおすすめ出来ません。

ナチュラル派のクレンジング

bath-oil-1050972_640

ナチュラルは成分のメイク製品の中にはは石鹸だけで落とせると謳っているものがあります。

しかし、年齢やお肌の状態によってはシワに入り込んで落ちにくくなくなっている場合もあるので、きちんとクレンジングをした方が良いでしょう。

ナチュラルなクレンジングは植物オイルがベースになっています。

界面活性剤も石鹸素地、大豆のレシチンなどナチュラルな成分なので、お肌に負担をかける事なくクレンジングできます。

使用感でお好きなタイプを選んでください。

 

オイルタイプ

ナチュラルな植物性オイルが主成分。

オイルそのものでクレンジングする事もできます。

拭き取る時はホットタイルで優しく拭き取ってくださいね。

オイル状でありながらも、ぬるま湯で洗い流せるタイプがおすすめです。

洗い流した後にお肌がべた付く事はないでしょう。

 

ミルクタイプ/クリームタイプ

メイクとなじむのに多少時間がかかりますが、優しくマッサージするようになじませれば、毛穴の奥の汚れもきちんと落とすことができます。

少ない量ではお肌への摩擦が気になるので、たっぷりの量でクレンジングしましょう。

このタイプは洗い上がりのお肌がもっちりします。

まとめ

クレンジングは肌荒れの原因になりますから、正しい選び方と使い方をしましょう。

ケミカル成分のファンデーションやメイク用品を使っている方は合成界面活性剤が入ったクレンジングでなければ、メイクを落としきれないでしょう。

ナチュラル成分のメイクを使っている方は、石鹸だけで落ちると謳っている製品でもクレンジングで落としたほうがベター。

合成界面活性剤は使われていないので、お好みでお好きなタイプをお選びください。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る