危険かも?開封、未開封化粧品の消費期限

beauty-770271_640

アイシャドウに口紅にチークにハイライトに・・・・・

女性はたくさんのメイクアイテムを持っていますよね。

持っているだけ何だか綺麗になった気分を味わえるし、色とりどりのメイクアイテムは見ているだけで気分がアガります。

季節ごとに新色がでると、買わずにはいられない!

そんな方もいるでしょう。

でも、そうやってドンドン買い足していくと、使い切れないまま何年も持ち続けている化粧品が出てきませんか?

そして、すっかり忘れていたのに、ある日発見。

そして、思うのです。

これ、また使おうかしら?

スポンサードリンク

化粧品の消費期限とは?

化粧品には消費期限がきちんとあります。

薬事法では

製造又は輸入後、適切な保存のもとで、3年以内に性状及び品質が変化する恐れのある化粧品

には消費期限表示を義務付けています。

つまり、お手持ちの化粧品に消費期限が記載されていないなら3年以上はもつという事です。

ただし、日光の当たらない冷暗所などに適切に保存されていた場合ですよ。

ナチュラル・オーガニックコスメ

aroma-906137_640

ナチュラル成分の化粧品は、防腐剤を使用していないか、使用していてもエタノールや植物性などお肌に優しいもの。

お肌に優しいのは良い事ですが、長持ちしないので、消費期限をしっかり守るようにしましょう。

未開封での保管期間は3年未満。

中には1年未満の物もあります。

ナチュラル・オーガニックコスメは、パッケージに消費期限が記載されている物が多いので、しっかりチェックしましょう。

開封した場合、基礎化粧品だけでなく、メイクアイテムも数か月という短い消費期限で使わなければならない物も少なくありません。

クリームなどは空気に触れず、夏は冷蔵庫で保管しましょう。

冷蔵庫に保管しない場合でも直射日光に当てておいたり、蓋を開けて置いておくのはNGです。

一般的な化粧品の場合

 cosmetics-1063134_640

一般的な化粧品は、防腐剤がしっかり配合されているので、未開封なら3年以上はもちます

ただ、消費期限を書かなくても良いってちょっと困りもの。

3年はもつけど、じゃあそれ以上は一体どれ位なのかが曖昧なんですよね~

それに、購入後、開封しますよね?

開封してしまった化粧品は、

 

◆マスカラ リキッドアイライナー / 3か月

◆スキンケアアイテム  / 6か月

◆日焼け止め  /  6か月

◆口紅  /  1年

◆グロス  /  1年

◆ファンデーション  /  半年~1年

◆ペンシルアイライナー  /  1年

◆アイシャドウ  /  1年

◆チーク  /  2年

◆パウダー /  2年

 

と言われています。

考えていたより、短いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

消費期限 守らないとどうなるの?

「私は肌が強いから大丈夫! 今までだって何ともなかったよ」

こんな方にもぜひ聞いて頂きたい怖いお話です。

消費期限の過ぎた化粧品は油分が酸化し、雑菌・バクテリアが繁殖しています。

酸化した油分をお肌に付けると、シミ、くすみなど老化の原因になります。

また、雑菌の繁殖した化粧品はお肌に炎症を起こしたり、かぶれや痒みの原因になります。

 

特に、リキッドアイライナーやマスカラは要注意!

液体状なので、雑菌が繁殖しやすい上、直接目に触れますから、常に清潔に保ってフレッシュな物を使うようにしてください。

スキンケアアイテムをお風呂に置いている人は、その都度持っていくようにしましょう。

湿度で雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

本当は怖い化粧品の消費期限

知らず知らずのうちに、消費期限を過ぎても使用しているアイテムはありませんでしたか?

使用期限を過ぎると、化粧品の油分が酸化し、雑菌・バクテリアが繁殖します。

炎症やかぶれだけでなく、シミなどお肌の老化にも拍車をかけてしまいますから、常にフレッシュなアイテムを使うようにしてください。

クリームなどはスパチュラを使う、浴室にに置かないなど使用や保管状態もきちんと行ってください。

最後に、ブラシやパフも清潔な物を使うようにしましょうね!

スポンサードリンク

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る