美肌になりたきゃコレ!ローズヒップティーの美容効果

mug-219844_640 (1)

紫外線、いつ頃から気を付けていますか?

ゴールデンウィーク位から?夏本番になってから?

あらら・・・それじゃ、ちょっと遅いんですよ。

紫外線量は3月からぐんと多くなってきます。

春のお肌はとても無防備。

実は、冬を終えて春を迎えたお肌は、紫外線を吸収しやすくなっているのです。

春めいた日が多くなってくると、外にお散歩したくなりますが、紫外線対策は万全にしましょうね。

外からも、そして内側からも・・・・・

スポンサードリンク

ローズヒップティーとは?

内側からの紫外線対策にはロースヒップティーを!

ロースヒップとはバラの果実の事です。

ローズと言っても私達が想像するような観賞用のバラではなく、ドッグローズと呼ばれる可憐な野ばら。

rose-hip-584539_640

この花の実を乾燥させて砕いたものがローズヒップティーとなります。

ローズヒップティーの成分

ローズヒップといえば「ビタミンCの爆弾」という別名もある位ビタミンCが豊富に含まれています。

ローズヒップの原産国、チリでは「若返りの秘薬」なんて呼ばれているようですよ。

では、どんな成分がどれ位含まれているのか見ていきましょう。

ビタミンC

レモンの20倍ものビタミンCが入っています。

美白効果、そしてコラーゲンの生成に欠かせないのがビタミンC。

ビタミンCは熱に弱いのが弱点ですが、ローズヒップティーに含まれているビタミンCは熱に強く、体内で吸収されやすいのです。

リコピン

リコピンというとトマトを思い浮かべますが、ローズヒップにも入っています。

しかも、トマトの7倍

抗酸化力に優れていて、シミの発生を抑える働きもあります。

スポンサードリンク

βカロチン(βカロテン)

トマトの20倍含まれています。

体内でビタミンAに変換され、粘膜や皮膚を健やかに保ってくれます。

カルシウム

ローズヒップにはカルシウムも入っているんです。

しかも、牛乳の8倍

乳製品が苦手な方はローズヒップティーで決まり!!

鉄分

鉄分の代名詞であるほうれん草の2倍も入っているんです。

女性は鉄分不足の人が多いので、積極的に飲みましょう。

マンガン

ワカメの2倍。

マンガンは代謝やインシュリンの合成に関わっていますよ。

不足すると糖尿病のリスクが高まります。

 

他にもビタミンBビタミンE食物繊維、ポリフェノールなどなど。

まさにアンチエイジングドリンクです!

rose-hip-493784_640

ローズヒップティーの美容効果

様々な栄養成分を含んだローズヒップティーは美肌になりたい方の味方です。

では、美容効果を見ていきましょう。

シミ予防と美白効果

ビタミンCとリコピンがシミを撃退!!

シミの生成に関わるチロシナーゼの働きを抑制するので、シミが出来にくくなります。

ニキビ肌改善効果

特に大人ニキビに効果あり。

大人ニキビの原因であるストレスを緩和させてくれる働きがあるのです。

また、ビタミンCが過剰な皮脂の分泌や炎症を抑えてくれます。

ニキビ跡に悩んでいる方は、お茶を飲むと同時にローズヒップオイルも併用すると凹凸が目立たなくなります。

ダイエット効果

ローズヒップに含まれるポリフェノールが脂肪を減らす効果、脂肪燃焼をUPさせる効果があります。

マンガンが代謝を高めて太りにくい体にしてくれますよ。

老化防止効果

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けてくれます。

お肌にハリ、ツヤがでてきて、シワもピンっ!!

抗酸化作用もあるので、老化防止に役立ちます。

ローズヒップティーの効果的な頂き方

ローズヒップティーはお茶として飲むのですが、本気でローズヒップの恩恵に与りたい方は、出がらしを食べちゃってください。

いや、食べなきゃダメです!!

お茶だけでは、成分の半分以上も摂取できていないのですから!

出がらしは、はちみつを加えると、驚くほど食べやすくなります。

ヨーグルトと一緒にどうぞ。

 

ローズヒップは酸っぱくて苦手と言う方もいますが、たぶんそれは一緒にブレンドしてあるハイビスカスの酸味だと思います。

酸味が苦手な方はハイビスカスが配合されていない物を選びましょう。

はちみつを入れたり、アップルジュースとミックスすれば、酸味があっても飲みやすくなるのでお試ししてみてね。

飲むアンチエイジングサプリ

ローズヒップティーには様々な営巣が含まれていました。

ビタミンCは有名ですが、その他にもお肌と健康に良い成分がたくさん入っているのです。

ローズヒップティーの効果を最大限に頂くなら、出がらしも食べちゃいましょう!

ビタミンCは2~3時間で体外に排出されると言われていますので、こまめに飲むのがおすすめです。

ノンカフェインなので、体にも優しいです。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 18日

ページ上部へ戻る