知ってる?エッセンシャルオイルの基本とアロマオイルの違い

flowers-765781_640

日本でもすっかりお馴染みのアロマテラピー

アロマポットにオイルを垂らして香りを楽しんでいる方も大勢いらっしゃるでしょう。

しかし、香りが良ければ何でも一緒って思っていませんか?

間違った使い方は効果を得られないどころかトラブルの原因になってしまいます。

エッセンシャルオイルの基本とアロマオイルとの違いをしっかり押さえて、正しいアロマライフを楽しみましょう。

スポンサードリンク

エッセンシャルオイルとは?

エッセンシャルオイルは日本語では精油と呼びます。

これは植物から抽出した100%天然のオイルのみに許された呼び方。

ボトルの裏に精油と書かれているものは全て100%という事になります。

このエッセンシャルオイル、どんな植物から抽出されているのでしょう?

エッセンシャルオイルの種類

essential-768949_640

バラ、ラベンダー、カモミールなどお花から抽出されるオイルです。

抽出法は水蒸気蒸留法と溶剤抽出法があります。

香り成分を溶剤に溶かして抽出させる溶剤抽出法の方が香り高いと言われています。

溶剤抽出法はアブソリュートといい、Absと書いてあります。

 

果実

レモン、オレンジ、グレープフルーツなど、柑橘系果実の皮から抽出されるオイルです。

柑橘類の皮を剥く時、液が飛び出しますよね?

これが、まさしくエッセンシャルオイルそのもの。

通常は遠心分離機にかけたり、ローラーで潰してオイルを抽出します。

 

ハーブ

バジル、ミント、ゼラニウムなど植物の葉からとれるオイルです。

水蒸気蒸留法で抽出されます。

 

樹木

サンダルウッド、松の葉(パイン)など。

森の中にいるような清々しい気分になれます。

 

樹脂

樹の樹脂から抽出したオイル。

粘度が高く、保湿効果に優れているので、手作り化粧品の材料としても人気があります。

フランキンセンス、ベイゾイン(安息香)、ミルラなど

 

スパイス

料理のスパイスにも使われる香辛料から抽出されるオイル。

刺激が強いので注意して使用してください。

クローブ、ペッパー、シナモンなど。

スポンサードリンク

エッセンシャルオイルの特徴

アロマテラピーって本当に効くの?

おまじない程度のものなんじゃないの?

いえいえ!エッセンシャルオイルをしようしたアロマテラピーの効果は本物です。

それぞれのオイルの種類によって効能は変わってきますが、メカニズムについて説明したいと思います。

 

鼻から脳へ

鼻で嗅いだ香りは鼻腔を通り大脳辺縁系まで届けられます。

その後、視床下部・下垂体に伝達され神経系物質が分泌されます。

こうして私たちは香り成分のリラックス効果を得ることができるのです。

 

皮膚から血液へ

エッセンシャルオイルは分子が非常に小さく、皮膚から血管、リンパ管まで届き、血液に乗って体の隅々にまで届けてくれます。

 

最後は

体の隅々にまで届けられたエッセンシャルオイルは、その後肝臓で分解され汗、尿、呼吸によって体外へと排出されます。

エッセンシャルオイルの注意点

エッセンシャルオイルは植物の成分がぎゅっと濃縮されたものです。

直接お肌に付ける事は絶対に避けてください。

皮膚に塗布する際は必ずベースオイルなどに数滴垂らし薄めてから使用してください。

また、柑橘系のオイル光毒性があるので、皮膚に塗布した部分は直射日光に当たらないよう気を付けてくださいね。

アロマオイルとは?

 

scent-1059419_640

精油と書かれていないアロマオイルは天然オイル100%ではありません。

人工香料だったり、アルコールや植物油が混ざっているものはアロマオイルになります。

トラブルの原因になりますから、アロマオイルを皮膚に塗布したり、お風呂に入れたりする事はさけてくださいね。

アロマオイルは香りを楽しむだけのもの。

そんな認識でいてください。

まとめ

いかがでしたか?

エッセンシャルオイルの基本ととアロマオイルとの違いについてお話してきました。

エッセンシャルオイルは100%天然の植物オイル。

正しく使えば様々な効果・効能を得る事ができます。

一方、アロマオイルは合成香料が使われていたり、他の物質が入っています。

アロマオイルは香りを楽しむためだけに使ってくださいね。

それぞれの違いを知って、正しく楽しくアロマライフを楽しみましょうね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る