チアシードにダイエット効果? 成功するには食べ方が決め手

chia-seeds-628298_640

去年、一昨年くらいから話題になっているスーパーフード、チアシード。

多くのモデルさんや海外セレブもお気に入りのチアシード。

みなさん、もう試してみましたか?

ダイエットに効果があるという事で購入された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、実際にチアシードで痩せた方って少ないらしいのです。

そもそも、このチアシード、ただ食べればいいってモンじゃないんです。

食べ過ぎれば逆効果になってしまう事もありますから要注意!!

今回はダイエットに効果的なチアシードの食べ方について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

チアシードとは?

チアシードとは中南米原産の「サルビア・ヒスパニカ」という植物の種子です。

昔からマヤ・アステカの先住民は貴重な食材として重宝していました。

その後、植民地支配されると、次第に忘れ去られていったのですが、近年の研究によってチアシードには様々な栄養素が含まれている事が分かったのです。

チアシードに含まれている栄養素はタンパク質、アミノ酸、必須脂肪酸、オメガ3、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど。

健康維持、アンチエイジング、美肌に効果的な栄養素がふんだんに入っています。

まさに、スーパーフード・NOVEL FOOD!!!

ダイエットに効果はあるの?

chia-seed-699962_640

チアシードのカロリーご存知ですか?

種だからノンカロリー?あっても微々たるものでしょう?

そんな風に思っていたら大間違い!

チアシードのカロリーは大さじ1杯10gあたり約50kcalもあるんです。

意外と高カロリーなんですよ。

体に良いからと大さじ3杯のチアシードを摂取したら、ごはん1膳分になってしまうのです。

また、チアシード入りのジュースが販売されていますが、これをガンガン飲んでいたら逆に太ってしまうでしょうね。

では、なぜチアシードがダイエットに効くと言われているのでしょうか?

 

・オメガ3系のαリノレン酸

まず栄養面でみていくと、オメガ3系のαリノレン酸が脂肪を分解する酵素の働きを助けてくれます

また、中性脂肪やコレステロールを下げる働きもあります

 

・食物繊維

チアシードを水分で膨らませると、種子のまわりに透明なゼリー状のものが付きます。

これはグルコナンマンという食物繊維

食欲を抑えたり、糖やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。

便秘でお悩みの方の強い味方です。

 

・水分で膨張

チアシードは水分に浸すと10倍に膨らむ特性があります。

膨らんだチアシードだけで満腹感を得られるので、食べ過ぎ防止に効果あり。

スポンサードリンク

ダイエットに効果的な食べ方とは?

・チアシードは1日大さじ1杯までにしておきましょう

前述したとおり、カロリーが高いので食べ過ぎは逆効果になりますよ。

 

・水分で膨張させる

チアシードは水分で膨らませてから食べましょう。

熱いお湯だと栄養成分が壊されてしまうので、40℃以下の水分に付けて下さいね。

1時間程度置いておくと、十分に膨らんでプルプルになります。

乾燥したまま食べてしまうと、発芽毒の成分が残っていたり、胃の水分を奪ってしまう事もあるので、おすすめ出来ません。

breakfast-686136_640

・食事の前に または朝食代わりに

膨張させたチアシードは満腹感を得る事が出来るので、食べ過ぎを抑える効果が期待できます。

本格的な食事の30分~1時間前にチアシードを摂りましょう。

スープに入れたり、ドレッシングに混ぜてサラダを食べたり、なんていかがでしょう?

朝食代わりにチアシードを入れたヨーグルトやスムージーを摂るのも効果的ですよ。

 

・ダイエットならホワイトチア

チアシードには2種類あるんです。

通常のブラックとホワイト。

ダイエットには断然ホワイトチアシード!

通常のチアシードよりもオメガ3と食物繊維が多く含まれています。

また、14倍に膨らむので、満腹感を得やすいですよ。

まとめ

様々な栄養素を豊富に含んだチアシードは、正しく摂取すればダイエットの強い味方になります。

ダイエットに効果的な食べ方は

・水分で十分に膨張させる

・食事の30~1時間前、または朝食代わりに摂る

・できればホワイトチアを選ぶ

です。

ただし、カロリーが高いので1日大さじ1杯までの摂取にしてくださいね。

チアシードを毎日摂って、健康的にダイエットしましょう!

スポンサードリンク

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る