美しい爪を保つために! 正しいネイルケア基本の方法

nails-865082_640

おしゃれの主流となったネイルアート。

私も時々、自分でジェルネイルを楽しんでいます。

綺麗にアートを施した自分の爪を見るのって、ちょっとした癒し。

1日に何度も目に入る自分の爪。

ここが綺麗だと気分もアガりますね。

逆にお手入れを怠っていると、他人の前で手を出すことすら躊躇してしまいませんか?

ネイルのおしゃれは健康な爪あってこそ。

正しいネイルケアの方法を学んで、ネイル派もそうでない方も健康で美しい爪を保ちましょう。

スポンサードリンク

ネイルケアに必要な道具

爪切りで爪をパチンパチン。

爪切りはお手軽ですし、ほとんどの方が何の迷いもなく爪切りを使っていると思います。

しかし、爪切りを使用すると、無数のヒビが爪に入り、二枚爪の原因になってしまいます。

多少面倒でもエメリーボードで整えるようにしましょう。

まず、正しいネイルケアをする時に揃えていきたい道具をご紹介します。

 

・エメリーボード

爪の長さ、形を整えるファイルです。

ファイルの粗さはG(グリッド)と呼ばれる単位で表されるのですが、エメリーボードは180~240G位です。

ちなみに、グリッドは値が小さいほど目が粗くなります。

 

・バッファー

爪の表面を整え、滑らかにするためのファイルです。

グリッドは220~280位。

 

・キューティクルリムーバー

爪の根元に塗布し、甘皮や角質を柔らかくして除去しやすくしてくれます。

なければ、数分間お湯に爪を浸して、甘皮や角質をふやかしておけばOK。

 

・オレンジウッドスティック(あればメタルプッシャー)

オレンジウッドスティックは、コットンを巻き付けて甘皮を押し上げる時に使用します。

メタルプッシャーはコットンを巻き付けなくても、甘皮や不要な角質を除去してくれます。

 

・オイル

爪とその周りの保湿ケアに使用します。

乾燥を防ぎ、栄養分を補給します。

ネイルケアを始めましょう

・ファイリング

Gepflegte Hände

出典:http://itnail.jp/articles/nepXIHqZ

エメリーボードを使ってお好みの長さと形に整えます。

エメリーボードを親指、人差し指、中指でつまみ、他の指は軽く添えてください。

エメリーボードは常に一定方向に動かすようにしてくださいね。

1、爪の先端を削り、長さを整えます。

2、エメリーボードを爪の横に沿わせ、爪先の方向に削りながら形を整えます。

3、サイドから先端に向かって角を丸めて全体の形を整えます。

4、バッファーに持ちかえて、爪の裏側に当てて指先に向かって縦に動かし、爪の裏側に残ったカスを落とし、裏側の角を整えます。

 

・キューティクルクリーン・甘皮処理

20080211153735

出典:http://nelpara.blog25.fc2.com/blog-entry-86.html

キューティクルケアは清潔な爪を維持し、健康な爪を保つために必要です。

ぬるま湯を使ったウォーターケアとリムーバーを使ったドライケアがあります。

オレンジウッドスティックやプッシャーは爪の表面に対して45度の角度が理想です。

1、ぬるま湯が入ったボウルに指先を入れ、甘皮をふやかします。ふやかした後はしっかりと水分をふき取っておきます。

※ドライケアの場合はキューティクルリムーバーを爪の根元につけてなじませ、甘皮を柔らかくしておきます。

2、コットンを薄く巻き付けたオレンジウッドスティック、もしくはメタルプッシャーで甘皮を押し上げます。

3、ガーゼを爪に巻き付けて水を含ませ、爪の裏やサイドに溜まった汚れや、爪表面に残ったキューティクルの残りを取り除きます。

※甘皮をニッパーで除去する方法もありますが、ケガをする事もあるので、ニッパーでの処理はプロにお任せしましょう。

・バッフィング

爪の表面を滑らかに整えるバッフィングですが、自爪を薄くしてしまう事もあるので、月1回を目安にしましょう。

1、爪の丸みにバッファーを合わせ、爪の表面が均一になるよう整えます。縦溝がある場合は溝を消すように。

2、コットンに水か消毒液を含ませ、ダストを取り除きます。

3、爪の根元にオイルを1滴垂らして。爪全体に広げるように塗って爪全体の保湿、栄養補給をします。

まとめ

いかがでしたか?

いつも爪切りを使っている人にとっては少し面倒に感じられたかもしれませんね。

でも、正しいケアを行っていれば二枚爪になりにくく、健康な爪が生えてきやすくなります。

 

ネイルを塗っていなくても綺麗な爪は異性からみたら非常にポイントが高いですし、ネイル派の人はネイルの持ちが長持ちしますよ。

女性だけでなく男性も正しいネイルケア行ってみて下さいね。

1度ネイルサロンでケアをしてもらうのも、おススメです。

スポンサードリンク

関連記事:ささくれ(さかむけ)が痛い!原因は?剥かずに治す方法は?

tAUvCXEXirc86Ce1451726843_1451727106 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 24日

ページ上部へ戻る