セロトニンを増やしてハッピーになる方法

woman-609254_640

さあ、皆さん、今日も自分らしいナチュラルビューティー目指していきましょう!

ところで、皆さんは毎日をゴキゲンに過ごせていますか?

いろんな事に追われて、ストレスが溜まっている方もいるでしょう。

新しい環境になかなか馴染めずにいる方も、憂鬱な気分の方もいらっしゃるでしょう。

人間ですから、ある程度,感情の浮き沈みは仕方ないかもしれません。

でも、出来れば毎日ハッピーに過ごしたいですよね?

もしも、ちょっとした生活の改善をするだけで毎日をゴキゲンに過ごせる方法があるとしたら?

ちょっと、試してみたいと思いませんか?

スポンサードリンク

心は脳がつくる

「そんなの気の持ちようだよ」

相談した時にこんな風に言われた事はありませんか?

「気の持ちようと言われたって、それが出来ないから悩んでいるんじゃない」

こんな風に言いたくなりますよね。

でも、実はこの心持ちを決めているものって、脳内の神経伝達物質なんです。

神経伝達物質は脳内で神経細胞同士の情報伝達に関与し、人の感情や記憶などに大きな影響を与えています。

私たちの心を決めているのは自分自身ではなく物質だなんて、ちょっと怖いような。。。。

でも、神経伝達物質を上手く出せるようにすれば、気分も性格も自分で変える事ができるなんて、興味深いですよね。

セロトニンの重要性とは?

三大神経伝達物質と呼ばれているのが、

・ドーパミン

・ノルアドレナリン

・セロトニン

ドーパミンは快感や向上心、ノルアドレナリンは興奮や意欲、そしてセロトニンは精神の安定を司っています。

これらの物質はお互いに作用し合っているのでバランスが大切。

特にセロトニンはハッピーホルモンとも呼ばれ、不足するとうつ病や不眠症になったり、人によっては攻撃性が高まったり、依存症になりやすくなるで、セロトニンを出すようにするのがとっても大切なのです。

しかし、昨今は子供から大人までセロトニンが不足傾向。

長時間のパソコン作業、テレビやゲーム、運動不足、不規則な生活、ジャンクフードなど、現代人の生活スタイルが影響しているようです。

だからと言って、セロトニンのために仕事をサボって外で運動する訳にもいかないですよね?

そんな私たちでも大丈夫。

ちょっとした生活の改善でセロトニンが分泌しやすくなるんです。

ゴキゲンに過ごすために

light-painting-801024_640

セロトニンを出しやすくするための方法をご紹介しますね。

 

・朝日を浴びる

朝起きたらカーテンを開けて思い切り朝日を浴びてください。

朝日を浴び浴びる事によってセロトニンが分泌されやすくなります。

体内時計が調節され、夜になると自然に眠くなる規則正しい生活のモトでもあります。

 

・セロトニンを作る食事をする

セロトニンの原料となるのがトリプトファン

トリプトファンは体内では作れないので、食事から摂るしかありません。

バナナ、大豆製品、牛乳、チーズ、ヨーグルト、肉類、赤味の魚、アーモンドなどに含まれています。

植物性のトリプトファンの方が脳内でセロトニンの材料として使われやすいとの報告がありますので、おやつにバナナやピーナッツはおススメです。

このトリプトファンをセロトニンにするにはビタミンB6と鉄分も必要

ビタミンB6はマグロ、大豆、肉、バナナ

鉄分は、しじみ、あさり、プルーン、海藻、レバー、卵黄

などに多く含まれています。

タンパク質、炭水化物と一緒に摂取すると吸収が良くなるので、組み合わせて食べてくださいね。

 

・リズム運動をする

一定のリズムで反復する運動がとても良いと言われています。

歩くのもリズム運動ですから、通勤時間に一駅多く歩くなんて無理なく出来て良さそうです。

スクワットや踏み台昇降だったら家の中でもできますね。

腹式呼吸や食事の時によく噛むのもリズム運動の1つとされています。

もちろん、ヨガもおススメ!

私のヨガ体験記!  ヨガで得られた5つの効果

私のセロトニン生活

woman-reading-887274_640

実は私、数年前からセロトニンを分泌させる生活を意識的に行っています。

だって、不機嫌な毎日を送るより、ゴキゲンでハッピーな毎日を送る方が良いに決まってますから。

朝は起きたらまずカーテンを開けて朝日を浴びます。

軽くストレッチかヨガをしてから、バナナとミルク、ココアで作った特製ドリンクを飲み、1時間ほどウォーキング。

帰ってきてから軽く朝食。納豆ご飯やオートミールで作った卵粥などを頂きます。

昼食や夕食も自炊が中心。

五穀米、お味噌汁、お魚やお肉、野菜などをバランスよく使った和食が中心です。

食事を作るのが面倒に感じる時もありますが、やっぱり自分で作った食事の方が心も体も満足感を得やすいような気がするんです。

夜は室内が明るくなり過ぎないように気を付けます。

蛍光灯の白い光はもともと好きでないので、我が家ではキッチンにしかありません。

間接照明の優しい明かりの方が落ち着きます。

夜はゆっくり湯舟に浸かって温まり、入浴後はマッサージ。

軽く読書をした後、室内の明かりを全て消して真っ暗な中就寝します。

こんな生活を送っていると、本当に毎日ゴキゲンで過ごす事ができるんです。

もちろん、生きていれば嫌な出来事もあります。

でも、以前より落ち込んだり怒ったりする回数は劇的に減りました。

時々、おサボりする事もありますが、その辺りもゆる~行うのが長く続けられる秘訣。

皆さんにもぜひ、おススメしたいです!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

セロトニンの重要性、わかって頂けたらうれしいです。

ゲーテのこの言葉、聞いた事があるでしょうか?

「この世の一番の罪は不機嫌である」

不機嫌は周りにも伝染して雰囲気が悪くなりますし、何より自分が一番嫌な思いをしていますよね。

だったら、セロトニンが出やすくなる生活をして、ゴキゲンになりませんか?

何でもない日常を1日1日ハッピーに過ごす事。

それが幸せな人生なのだと思います。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る