賢く摂って美人になろっ!太るオイルと綺麗になれるオイルとは?

snack-794535_640

オイルは私たちの美と健康に欠かせないものです。

太るからとオイルを敬遠していませんか?

油を抜いてダイエットすると,肌がカサカサになってしまい、美肌から遠のいてしまいますよ!

「私は揚げ物が大好きだから大丈夫ね」

そう思われたあなたも要注意!

オイルには私たちの美と健康をサポートしてくれるオイルとそうでないオイルがあるのです。

どうせなら、美味しく食べながら綺麗になりたいですよね?

では、私たちが避けるべきオイルと、摂るべきオイルとはどんなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

太って不健康になるおブスオイル

おブスオイルの代表格、それは

トランス脂肪酸

肥満や心臓病との関連が指摘され、アメリカでは2018年6月までに食品添加物から全廃すると発表されています。

またWHO(世界保健機関)も1日あたりの摂取量を、総エネルギーの1%未満に抑えるべきだと勧告しているほどです。

しかし、日本に目を向けてみると、未だ野放し状態。

よほど気を付けていないと、知らず知らずのうちに私たちの体内に入って来ているのが実情なのです。

では、このトランス脂肪酸とは具体的に何でしょう?

パーッケージの裏側にトランス脂肪酸なんて書いてありませんから、非常に分かりにくいですよね。

burger-1156564_640

マーガリン、そしてパンやお菓子に入っているショートニング、これらはトランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸が多く含まれている食品は、マヨネーズ、ピーナッツバター、コーヒーのクリーム、ケーキ、アイスクリーム、スナック菓子、インスタント麺、カレーやシチューのルウ、冷凍食品、ファーストフードやファミレスのポテトやフライドチキンなどなど・・・・

加工食品のほとんどに含まれているのが現状です。

しかも、子供が好きな物や手軽に食べられる物に多く含まれているんです。

肥満や心臓病だけでなく、アレルギー、アルツハイマー、動脈硬化、クローン病など様々な病気になりやすくなると言われているので、意識して出来るだけ摂取しないようにしましょう。

健康のために話題の食材を食べていても、トランス脂肪酸を摂っていたら本末転倒ですよ。

 

もう1つ気を付けて頂きたいのが酸化した油

これは細胞の老化を早めると言われています。

揚げ物に使った油を繰り返し使う事、時間が経過した揚げ物は出来るだけ避けましょう。

あと、動物性脂肪などの飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化の原因になります。

綺麗になれる美人オイル

olive-oil-926827_640

良いオイルは細胞膜の原料でもあり、女性ホルモンの源

特に意識して摂って頂きたいのが

必須脂肪酸!

 

必須脂肪酸は私たちの体内で作り出す事が出来ないので、必ず食べ物から摂らなければならない油です。

オメガ3オメガ6があるのですが、聞いた事はありますか?

 

オメガ6はゴマ油、コーン油、紅花油などから摂る事ができます。

オメガ6が不足すると皮膚状態の悪化、肝臓や腎臓のトラブル、感染症などになりやすいと言われていますが、摂りすぎも良くありません

オメガ6は大豆や肉類にも含まれているので、バランスのとれた食事をしていれば、さほど意識しなくても摂取できていると思います。

スポンサードリンク

 

では、私たちが最も摂るべきオイルは?

それはオメガ3です。

オメガ3は、悪玉コレステロールを低くし、善玉コレステロールを高めて血栓を出来にくくしてくれます。

トランス脂肪酸を阻害する働きもあるので、ぜひとも摂りたいですね!

もちろん美肌もありあますよ。

摂取する事により、ドライスキン、アトピー性皮膚炎、乾癬が改善すると言われています。

このオメガ3は亜麻仁油、えごま油、しそ油の他、サバやサンマ、アジなどの青魚にも含まれています。

オメガ3オイルは熱に弱いので、ドレッシングにしたり、そのままかけたりして生のまま摂るように気を付けてください。

 

オメガ6とオメガ3は摂る比率が大切。

4対1の比率で摂取するのが良いとされています。

しかし、現代の食事では10対1くらいの割合で、圧倒的にオメガ3の摂取が少ない傾向にあります。

青魚、最近食べていますか?
olive-oil-968657_640
じゃあ、オリーブオイルは?

そんな声も聞こえてきそうなので、ここでご紹介しますね。

オリーブオイル、アボカドオイル、なたね油などはオメガ9

オメガ9は体内でも作る事が出来るので、さほど意識して摂らなくても良いとされています。

このオイルの良いところは、熱に強くて酸化しにくく使い勝手が良い点。

揚げ物や炒め物の際に使用するには最適です。

まとめ

オイルと言っても、肥満や病気の原因になる油と、美と健康の味方になってくれるオイルの2種類があるのです。

特にトランス脂肪酸は、あらゆる加工食品に入っていますので、出来るだけ摂らないように気をつけましょう。

一方、体に良いオメガ3オイルは意識しなければ摂取出来ない上、私たちが生きていく上で必要な必須脂肪酸です。

綺麗になれるオイルで美と健康を手にしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る