抜け毛予防やたるみ予防まで!髪のブラッシングで頭皮ケア

pretty-woman-635258_640

髪や頭皮のブラッシングしていますか?

恥ずかしながら、私、以前は髪の毛をササっと梳かすだけで、頭皮までブラッシングをしていませんでした。

ある時、ブラシを買いに行った際にお店の方に頭皮までブラッシングをして頂き、あまりの気持ち良さに驚きました。

それ以来はきちんと頭皮もブラッシングをしていますよ。

ブラッシングは一番簡単なヘッドマッサージ。

髪だけじゃなく、いろいろと良い事があるんですよ。

スポンサードリンク

ブラッシングの効果とは?

・髪の汚れやホコリを落とす

毎日、髪を洗う習慣がなかった頃は、ブラッシングで汚れやホコリを落としていました。

シャンプーの前、乾いた髪の状態でブラッシングをすると、シャンプーの泡立ちが良くなりますよ。

 

・ツヤ髪になる

頭皮の皮脂を髪に行き渡らせる事で、髪にツヤが生まれます。

 

・髪の絡まりをほどく

髪の絡まりは力ずくでほどこうとせず、少しずつ丁寧にほどいてくださいね。

 

・頭皮のマッサージ

頭皮をブラッシングする事で血行が良くなり、抜け毛や白髪の予防になると言われています。

 

・顔のリフトアップ

頭皮のたるみは顔のたるみに直結します。

髪のブラッシングを始めてから、顔が引き締まったという方もいらっしゃいます。

正しいブラッシングの方法

何事も間違ったやり方では効果を得られないどころか、逆効果になってしまいます。

正しいブラッシングの方法をご紹介します。

 

1、毛先に絡まりがある場合は丁寧にほぐして下さい。

2、頭頂から根元にかけ、頭の流れに沿って全体をマッサージします。

これが基本のブラッシング。

 

さらに効果を高めたい方は、

 

・ヘアブラシを頭皮に垂直にあてて、軽く押しながらマッサージ

・ヘアブラシ(痛いと感じる時は裏側で)で軽くポンポンと頭皮を叩いてマッサージ

も取り入れてみて下さいね。

woman-1188692_640

ブラッシングの回数が多すぎると、切れ毛や枝毛の原因になってしまいます。

化粧室に行く度ブラッシングをするのは、明らかに多すぎ。

多くても、朝、日中1回、入浴前の3回以内にしておいて下さい。

髪が濡れた状態でブラッシングをするとキューティクルを痛めますので、必ず乾いた状態で行って下さいね。

髪の痛みが気になる時はオイルを1滴なじませてからブラッシングしましょう。

おススメのヘアブラシ

皆さんはどんなブラシをお使いですか?

梳かせれば何でもいいと、適当に選んでいませんか?

ヘアブラシにも様々な種類があるのです。

スポンサードリンク

・獣毛(豚や猪の毛)

獣毛のブラシは、髪の表面を整え、ツヤを与えてくれます。

髪が細く柔らかい人は豚毛、直毛で量が多い人は猪毛が良いでしょう。

 

・木製

木製のヘアブラシは先端が丸くなっている物がオススメです。

静電気が生じにくいのが利点。

 

・ナイロン製

目が粗く、髪にひっかかりなく梳かせます。

お手入れも簡単。

静電気が生じやすいと言われていますが、静電気防止効果がある物も販売しています。

 

色んな種類があり、それぞれに利点があるのですが、先端があまり尖っていなくて、クッション性のあるヘアブラシがおススメです。

まとめ

髪のブラッシングはホコリをとるだけでなく、頭皮の血行を促し顔のリフトアップ効果まであるんです。

抜け毛や白髪の予防効果もあると言われていますので、男女問わず皆さんに取り入れて頂きたいですね。

回数は毎日1~3回。

乾いた髪の状態で行って下さいね。

ブラッシングで汚れを落としてから髪を洗うと、泡立ちがよくなるのでおススメ!

ブラシは先端が尖りすぎていないもの、クッション性が高いものが良いと思います。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る