どうして下半身だけ太くなるの?下半身デブになる理由

legs-1031525_640

上半身は普通なのに、下半身が太くて悩んでいる女性って多いのではないでしょうか?

実は私もその1人。

ダイエットやエクササイズをしても痩せるのは上半身ばかり。

逆に太るのは下半身から。

いやんなっちゃいますよね!!

スラッとした足の持ち主と下半身デブに悩む人、一体何が違うのでしょうか?

スポンサードリンク

2つの脂肪レセプター(受容体)

脂肪細胞にはレセプター(受容体)が付いていて、脂肪の貯蔵と放出をコントロールしています。

レセプターはいくつかの種類があり、脂肪を取り込むのはアルファ2レセプター。

これはインシュリンの刺激により血液中から脂肪を取り込みます。

インシュリンの分泌が少なければ、このレセプターを刺激せず脂肪も取り込まれないわけですから、低インシュリンダイエットは理にかなっていると言って良いでしょう。

逆に脂肪を血液へ放出するのはベータレセプター。

甲状腺ホルモンやアドレナリンの刺激によって脂肪を血液中へ放出します。

スポンサードリンク

どこに脂肪がつくか、そしてどこから落ちるか?

それは脂肪レセプターがどのように配置されているかで決まってしまいます。

ほとんどの女性の場合、脂肪を貯蔵するレセプターは下半身に多く配置されています。

ある研究によると、下半身の脂肪貯蔵レセプターは上半身の6倍もあるらしいのです。

一方、脂肪放出レセプターは上半身の1/6。

つまり下半身は上半身の6倍も脂肪をため込みやすく、1/6しか脂肪を放出しないのです。

太ると時は下半身から太り、痩せる時は上半身から痩せるというのはこういう事だったんですね!

ダイエットとリバウンドを繰り返していると、どんどん下半身デブになってしまうなんて恐ろしい~~

下半身太り度チェック

脂肪細胞の放出は血液量に大きな影響を受けます。

血行が良ければ、脂肪はスムーズに放出されます。

下半身痩せのためには、血液とリンパ液の流れを良くしてむくみを残さない事がとても重要なんです。

下半身のむくみを放っておくと、あの恐ろしいセルライトが形成されてしまいますよ。

下半身が太くなる要因をまとめましたので、チェックしてみて下さい。

sweets-865095_640

食生活編

・ダイエットとリバウンドを繰り返している

・スナック菓子を良く食べる

・甘いものを良く食べる

・添加物や合成甘味料を含む加工食品(飲料)を良く口にする

・アルコールの摂取が多い

・カフェインの過剰摂取

・濃い味付けが好き

・野菜、海藻、果物をあまり食べない

・たんぱく質が不足している

このような食生活を送っていませんか?

脂肪の蓄積をもたらし、血液の循環を滞らせ、代謝を低下させておデブまっしぐらな食生活です。

できるだけ早めに改善しましょう。

 

ホルモン編

下半身への脂肪蓄積は女性ホルモンの影響を強く受けています。

婦人科系の疾患があると、むくみやすくなりセルライトを促進させると言われています。

心当たりのある方は婦人科へ相談する事をオススメします。

 

また、アドレナリンやノルアドレナリンといったストレスホルモンは血管を収縮させ血液の流れを滞らせます。

活性酸素も発生し、毛細血管にダメージを与えますからストレスは下半身痩せには大敵です。

 

その他の要因編

・便秘がち

・体を締め付ける下着や服を良く着る

・姿勢が悪い

・喫煙している

・運動不足

fashion-605508_640

まとめ

私たちの体の中にある脂肪のレセプターが蓄積と放出をコントロールしています。

このレセプターがどこに多く配置しているかによって、どこに脂肪が付きやすくなるかが決まってしまうのです。

また、血液やリンパの流れを滞らせる生活習慣は、セルライトを形成し、さらなる下半身太りを招きます。

血行とリンパの流れを良くし、むくみを残さない事が下半身痩せへの第一歩です。

スポンサードリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る