赤を味方につけろ! リコピンのすごい美肌効果!

girl-826867_640

皆さん、赤は好きですか?

赤ってパッと目を引く華やかさがあって、元気になれる色。

赤い服を着ると、いつもより特別な気分になりますよね?

この赤い色、食べ物として食べれば体内で私たちの美を内側からサポートしてくれる心強い味方になってくれるのです。

赤を体に取り込んで、内側から輝く美しさ、手に入れましょう!

スポンサードリンク

リコピンの秘密

トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、杏・・・・・

これらに多く含まれているリコピンは赤い色素。

可愛い名前のリコピンですが、とってもすごい効能を持っているんです。

人は生きている限り、活性酸素の影響を受けて徐々に体を錆びつかせていってしまいます。

錆びついてしまった体は動脈硬化や悪性腫瘍など、できれば罹りたくない病気に侵されてしまう事もあるんです。

そこで活躍するのが抗酸化物質

活性酸素を消去する働きのある物質です。

良く耳にするポリフェノールなども坑酸化物質の1つですね。

若返りのビタミンとして知られているのがビタミンEですが、リコピンはその100倍もの坑酸化力を持つと言われています。

トマトやスイカの赤い色素リコピンは、主に細胞膜に存在し、細胞が活性酸素の悪影響を受けるのを強力なパワーで守ってくれるのです。

リコピンの美肌効果

リコピンの抗酸化力は美肌の強い味方になってくれます。

脂溶性なので油と一緒に摂る事で吸収が高まりますよ。

 

美白効果

紫外線が当たるとチロシナーゼがメラニンを生成しシミの原因になってしまいますが、リコピンはチロシナーゼの働きを抑え、シミを元から防いでくれるのです。

さらに、ビタミンEと組み合わせて摂取すると効果が高まる事が分かっています。

美白成分として知られているアルブチンより低濃度で同程度のメラニン生成制御効果があるので、シミに悩んでいる方、絶対にシミになりたくない方はリコピンとビタミンEを一緒に摂取するようにしましょう!

ビタミンEを多く含む食材はあん肝、すじこ、うなぎ、落花生、赤ピーマン、アボカド、唐辛子、バジルなどです。

オイルならひまわり油や紅花油に多く含まれています。

トマトと相性ばっちりのオリーブオイルからも摂取できますよ。

tomatoe-932737_640

シワ予防効果

リコピンには私たちが愛してやまないコラーゲンの量を増加させる効果があります。

リコピンを摂取すると肌に蓄積され、シワの形成を制御してくれます。

特に、紫外線による光老化に効果を発揮すると言われています。

シワの80%は光老化によるものですし、自然老化よりも太く深いシワになりますから、リコピンで光老化によるシワを予防できるなんて嬉しいですね!

 

日焼けによる肌のダメージから守る

紫外線を浴びると肌は赤くなり、硬くごわついてしまいます。

リコピンは、日焼けによって肌が赤くなる事と皮膚のごわつき、両方を防いでくれます。

この場合もビタミンEを一緒に摂取すると、効果が高まりますよ。

日焼け止めや日傘だけでは、紫外線から完全に肌を守る事は至難の業。

リコピンを摂って内側からも紫外線を防御する事が大切ですね。

スポンサードリンク

肌の新陳代謝を助ける

リコピンを日常的に摂取している人はそうでない人と比べると肌の新陳代謝が正常に行われ、角質が均一な事が研究によって分かっています。

肌のキメが整っているお肌は見た目にも美しいと感じさせますから、これは嬉しいですね!

トマトジュースなら1日160mlで効果があるようです。

まとめ

トマトやスイカの赤い色素・・・・リコピン。

可愛い名前ですが、リコピンの坑酸化力はとても強力。

シミ、シワを出来にくくし、日焼けによるダメージから守り、肌の新陳代謝を正常にしてキメを整える働きがあります。

特にビタミンEと一緒に摂取すると効果が高まる事が分かっているので、一緒に食べるのがオススメ。

毎日リコピンを食べて、内側からも美しさをサポートしましょう!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る