やっぱり赤は凄かった!アスタキサンチンは肌と脳に効果あり

dress-864107_640

唐突ですが、お寿司のネタは何がお好き?

私はエビそしてイクラです。

好きな物は最後に食べる派なので、このどちらかはシメとして最後に食べます。(大抵はイクラかな?)

なぜ、こんな話をするかと言うと、やっぱり赤い色ってスゴイから!

以前、赤い色素リコピンの効果をお伝えしましたがサーモンや蟹、エビ、イクラなどの赤い色素・・・・アスタキサンチンも負けてはいません。

化粧品の成分としても配合されているので、女性にとってはお馴染みの名前ですね。

「あの化粧品の名前ってここから来ているの?」

そうなんですよ!初めて知った方もいらっしゃるかな?

今回は美味しく食べて美肌になれる、そしてさらなる驚きの効果についてご紹介致します。

スポンサードリンク

アスタキサンチンとは何か?

アスタキサンチンはリコピンと同じくカロテノイドの一種の赤い色素。

サーモンや蟹、エビ、イクラなどの赤い色素とお伝えしましたが、意外にもアスタキサンチンて植物由来なんです。

ヘマコッカスと呼ばれる赤い海藻に含まれてる成分で、この海藻を食べた動物の体内に取り込まれて赤くなっているのです。

サーモンが実は白身の魚だという事実、ご存知でしたか?

salmon-560987_640

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンは私たちの体に素晴らしい効果をもたらしてくれます。

活性酸素の除去

鮭は産卵のために川を遡ってきます。

この時に活性酸素を多く出し筋肉に大きな負担をかけるので、活性酸素を除去するためアスタキサンチンを蓄えていると言われています。

アスタキサンチンは細胞膜の表面と内部の両面から酸化するのを強力にに防いでくれます。

コエンザイムQ10の1000倍にも及ぶという研究結果が出ているんですよ。(富士フィルム調べ)

スポンサードリンク

美肌効果

アスタキサンチンにはたくさんの美容効果があります。

紫外線による肌トラブルを防ぐ

紫外線はシミやシワの原因になってしまいます。

アスタキサンチンは紫外線によって発生する活性酸素に働きかけ、シミやシワを防ぎ、ハリのあるお肌を保ってくれます。

肌の乾燥を防ぐ

アスタキサンチンを摂取する事で肌の水分量が増え、皮脂を守る効果があります。

いつまでも瑞々しいお肌でいたいならアスタキサンチンを摂りましょう。

 

若返り効果

お肌を瑞々しく保ってくれるだけでなく、アスタキサンチンは体の内部からも老化を予防してくれます。

コレステロールの酸化を防いで血管が硬くなるのを防ぎ、傷を修復し、さらに善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールの量を減らしてくれるのです。

肌だけでなく、血管から若返らせて動脈硬化やそれに伴う病気を予防する効果があるのです。

tomsk-864106_640

 脳や目にも良い

目と脳は生命活動を行う上でとても重要な器官のため、私たちの体に有益な坑酸化物質でさえ、おいそれとは入れない仕組みになっています。

しかし、アスタキサンチンはきちんと通行許可書を持っています。

脳や目に直接入り込み活性酸素を除去する事で、衰えを防ぎ、疾患を予防してくれているのです。

脳梗塞や脳出血が起こってしまった場合でも、アスタキサンチンを摂取している人は脳へのダメージが軽減すると言われています。

また、眼精疲労によるピント調節機能を正常にし、目から入ってくる紫外線のダメージも防ぐ働きも。

将来、白内障や網膜症にならないためにも積極的に摂取したいですね。

 

ダイエット効果

アスタキサンチンを摂取していると、エネルギー源として脂肪が優先的に使われる事が分かっています。

脂質代謝がアップして体脂肪が消費されやすくなるので、運動する時は積極的に摂取しましょう。

運動による疲労回復、筋細胞の修復効果も期待できますよ。

まとめ

実は植物性の抗酸化物質だった赤い色素のアスタキサンチン。

強力なパワーで活性酸素を除去し、お肌も体も若々しく保ってくれます。

脳と目にも良いなんて、現代人には救世主的成分かも?

今までよりも、もっと積極的にアスタキサンチンを摂取するように心掛けよう。

今夜のメニューはサーモンで決まり!!

スポンサードリンク

関連記事⇒赤を味方につけろ! リコピンのすごい美肌効果!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る