デオドラントこそオーガニック!制汗剤の成分は安全?危険?

bikini-491248_640

暑くなってくると気になるのが汗の臭い。

デオドラント剤を使用するのはエチケット。

皆さんも使用されていますよね?

ところで、市販されている制汗剤の成分をチェックした事はありますか?

私は肌が弱いせいか、ドラッグストアで購入した制汗剤を使用すると脇の下がかゆくなる事が頻発。

はじめは汗にカブレたのかと思っていましたが、オーガニックブランドから出ている制汗剤に変えたところ、かゆみがピタッと収まったのです。

一般的な制汗剤の成分には危険な物質が含まれているのでしょうか?

スポンサードリンク

制汗剤の危険な成分

一般的な制汗剤は高い防臭効果を持続させるために強い殺菌成分と制汗成分が使わてれいます。

このため私のようにかゆみやカブレを起こす事はよくあるのです。

汗の量や臭いに悩んでいる方には心強い味方になってくれる半面、あまりにも高機能なために体の機能が損なわれないか、副作用はないのか等、懸念事項もあるのです。

では、一般的な制汗剤で使用されている成分を見ていきましょう。

 

アルミニウム

成分表にはクロルヒドロキシアルミニウム、またアルミニウムクロリドと書かれているのですが、この成分は汗腺を塞いで汗も臭いも外に出ないようにします。

効き目が高いと口コミサイトで評判の制汗剤をチェックしてみたら、やはりこの成分が使われていました。

汗は私たちの体温調節に欠かせない機能であり、体内の毒素も排出してくれます。

汗を出さないようにする事で将来的に問題が出てくるのではないかと懸念されています。

また、乳がんになるリスクが高まると言う人もいるので、アルミニウムを使った制汗剤の使用は控えた方が無難ではないかと思います。

female-1145515_640

塩化ベンザルコニウム

消毒薬としても使われている殺菌成分です。

発疹、かゆみなどが出る場合がありますので、敏感肌の人は注意して下さい。

 

銀含有ゼオライト

銀イオンは殺菌、消臭機能があります。

人体に及ぼす毒性は少ないと言われていますが、安全だと言われている所以は、銀食器や銀歯などに使用されてきた事実から来ているらしく、素人目にも何だか心もとない感じがします。

一方で「銀は潜在的な神経細胞毒素」という発表も出ているので、今後も注視していきたい成分ですね。

金属アレルギーがある方も避けた方が良いかもしれません。

スポンサードリンク

オーガニックなデオドラントとは?

オーガニックコスメのブランドからもデオドラント剤は発売されています。

皮膚の敏感な方、安全な成分を使いたい方にはおススメですよ。

私も色々と試してみましたが、イチオシはこちら

ラトビアのオーガニックコスメMADARAのデオドラントです!

毛穴を塞がず、ミョウバン(硫酸(Al/K))や草花のエキスが臭いを抑えてくれます。

個人的な意見ですが、効果も高いと思います。

私はもう何年もこれを使っています。

メイド オブ オーガニクス

アロエベラ液汁をベースにしたデオドラント剤。

無香料のほか、レモン・ラベンダー・マンダリン・バニラ・ペパーミントなど香りの種類が豊富です。

クリスタルストーン

ドラッグストアでも買えるクリスタルストーンは天然のアルム石(ミョウバン)

天然由来100%で安心・安全です!

自分で作るデオドラント・・・ミョウバン水

先ほどから出てきているミョウバン。

菌の繁殖を抑え、汗を抑える働きがあり、ローマ時代から制汗剤として使われていたようです。

ミョウバンはお漬物を漬ける際にも使われているので、スーパーなどで簡単に手に入れる事ができますよ。

<ミョウバン水>

 材料: 焼きミョウバン 15~20g 水道水500ml

1、ボトルの中に焼きミョウバンと水道水を入れる

2、良く混ぜて冷暗所で1~3日ほど置いておく。

3、液体が透明になったら原液の完成!

4、水道水で6~10倍位に薄めて使用する。(スプレータイプのボトルに入れると使いやすい)

★ペパーミントやレモングラス、ティートゥリーなどお好きなエッセンシャルオイルを数滴加えてもGOOD♪

まとめ

beach-885109_640

汗ばむ季節の必需品デオドラント剤。

高機能な商品がたくさんあり、汗で悩んでいる人の強い味方になっている反面、成分的には危険と言われている物もあるのです。

お肌の敏感な方はかゆみやカブレを引き起こしてしまう事もありますので、オーガニックなデオドラント剤や自分で作るミョウバン水を使ってみてはいかがですか?

ミョウバン水は脇の下以外にも足の裏に使ったり、生ゴミの臭い消しやキッチンの消毒にも使えますよ。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る