麦茶で美人になれる?麦茶の美容効果とは?

drink-1031701_640

日本の夏といったら麦茶です!

夏には麦茶を常備していると言うご家庭も多いのではないでしょうか?

そういう私も子供の頃から夏は麦茶をがぶ飲みしてきました。

しかも、ここ数年は麦茶好きが高じて冬でも温めた麦茶を飲んでいます。

お茶や紅茶では何となく物足りない。でも、コーヒーでは胃が荒れてしまいそう・・・・・

そんな時は濃い目に淹れた温かい麦茶が最適なんです。

カフェインフリーなので、胃が弱い方にも安心して飲んで頂けますよ。

夏の飲み物と決めつけずに、1年中飲んで頂きたい健康飲料。

今回は意外と知らない麦茶の美容効果について調べてみました。

スポンサードリンク

亜鉛の美白効果

肌荒れやシミの原因として新陳代謝がうまくいっていない事があげられます。

お肌のターンオーバーがきちんと行われていれば、常に古い皮膚と新しい皮膚が入れ替わり、トラブルを起こしにくくなります。

加齢やストレス、食の乱れなどターンオーバーが乱れる原因はたくさんありますが、特に気を付けて頂きたいのが紫外線。

紫外線を浴びる事によって活性酸素が生まれ新陳代謝が上手くいかなくなると古い角質が皮膚にとどまりシミになってしまいます。

麦茶に含まれている亜鉛は細胞の新陳代謝を促す働きがあり、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を肌に残しません。

麦茶が美白に導いてくれるのです。

ケイ素の保湿・ハリ効果

portrait-1319951_640

美肌といったらコラーゲン!

しかし、そのコラーゲンもお互いをくっ付ける接着剤が必要なのです。

ケイ素はコラーゲンの再生と接着を行い弾力のあるお肌に導き、シワやたるみのない若々しい印象にしてくれます。

また細胞間の隙間を埋める事でお肌を保湿し、乾燥から守ってくれるのです。

p-クマル酸の活性酸素除去効果

細胞を錆び付かせ老化の原因ともなる活性酸素。

麦茶にはその活性酸素を除去してくれるp-クマル酸と言う抗酸化物質が含まれています。

美肌効果の他、胃がんのリスクを抑える働きがあると言われています。

スポンサードリンク

カリウムによるむくみ撃退効果

女性に多い悩みと言ったらむくみですよね。

私も仕事で座っている事が多いとむくみに悩まされてしまいます。

特に夏、冷房が効いた部屋に長時間座っていると夕方には脚がパンパンになる事もあるんです。

麦茶に含まれているカリウムは塩分の排泄を促しむくみにとても効果的なのです。

アルキルピラジンによる血液サラサラ効果

iced-tea-241504_640

麦茶と言ったら独特の香ばしい香り。

その香りの元でもあるアルキルピラジンには血液をサラサラにして、血流を促す作用があります。

血流が改善される事で、酸素や栄養を肌の隅々まで届け、健康で美しい肌になる事ができるのです。

心筋梗塞や脳卒中のリスク軽減にもなります。

GABAの健康促進効果

GABAはカリウムと同様、余分な塩分を排出し、むくみを防ぐ効果があります。
さらに、中性脂肪やコレステロールの値を下げる働き、脳の血流を促進して酸素量を増やす働き、そして、ストレス解消にも効果があると言われています。

まとめ

子供の頃から何気なく飲んでいる麦茶ですが、ミネラルが豊富に入っていて、美容にも健康にも良いんです。

カフェインが入っていないので、お子様からお年を召した方まで家族全員で飲めるのも良いですね。

ただ、麦茶には体の熱を下げる効果もあるので、冷えが気になる方は常温か温めて飲むようにして下さい。

今年の夏もやっぱり麦茶!!で決まりですね!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る