眼も日焼するの?サングラスで眼も紫外線対策しよう!

sunglasses-love-woman-flowers

数年前、東南アジアを旅行する際に奮発して某ブランドのサングラスを買いましたが、その後全く使用機会がありません。

日本も東南アジア並みに日差しが強い昨今ですから、本当は日常的にかけたいんですけどね。

欧米では日差しの下でサングラスをする事は当たり前ですが、日本ではまだサングラスを日常的にかけている人は少数派ではないでしょうか?

でもね、オシャレのためではなく、目を守るためにサングラスって普段からかけた方がいいんですよ。

スポンサードリンク

サングラスをかけた方が良い理由

お肌のためのUV対策は万全なのに眼のUV対策は意外と出来ていないもの。

でも、眼のUV対策って私たちが考えている以上に大切なのです。

 

・眼病予防

日差しが強い日に長時間外にいると眼が痛くなるような感覚になる事はありませんか?

実は眼も日焼けしているんです。

眼の紫外線対策をしないと異物感を感じるようになったり、ドライアイになってしまいますよ。

更に眼の水晶体に長年ダメージを受け続けると白内障になってしまいます。

白内障の原因は紫外線だと言われていますから、サングラスで眼を守る事はとても重要なのです。

スポンサードリンク

・シミの予防

眼から入った紫外線がお肌のシミの原因になってしまうってご存知でしたか?

眼から紫外線が入ると、脳は周囲の日差しが強いと感知しメラニンの生成を促すのです。

いくら念入りにUVクリームを塗って紫外線ケアを行っていても、眼が無防備ではダメなんですね。

 

・目の周りの紫外線対策

目の周りの皮膚は他の部分と比べても薄くデリケートなエリアです。

それなのに紫外線対策をしにくい場所でもありますね。

サングラスをかければ、眼だけでなく周辺のお肌を紫外線から守る事ができ、シワやシミを予防する事ができますよ。

サングラスを選ぶポイントは?

books-918521_640

デザインが顔に合っているかも大切なポイントですが、さらに気を付けて選んで頂きたいのがどれだけ紫外線をカットするか。

レンズに色が付いていても紫外線をカットする機能がついていない物では意味がありませんから、必ず紫外線をカットする働きのあるサングラスを選びましょう。

そして、レンズの色はあまり濃くない方がベター。

レンズの色が濃すぎると眼は光を取り込もうとして瞳孔を大きく開かせてしまします。

すると知らず知らずのうちに紫外線が目に入って来てしまうのです。

おススメは色の薄いレンズで紫外線透カット機能が付いているサングラスですよ!

最近では、度付きのサングラスや、眼鏡の上からマグネットで付けられるタイプの物まで色々なサングラスが出ているので、いつも眼鏡をかけている人でもサングラスを快適に楽しむ事ができますよ。

まとめ

accessory-984072_640

お肌のUVケアだけでなく、今年はサングラスで眼の紫外線対策も行いましょう。

眼に入ってくる紫外線をカットする事で眼病予防、シミ予防、目の周りの老化防止にも繋がります。

サングラスを選ぶ際は必ず紫外線をカットする機能が付いていてレンズの色が薄目の物を選ぶようにしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る