冬の汗は臭いに要注意!原因とデオドラント対策について

girl-926199_640

汗の臭い対策というと夏のイメージかもしれませんが、実は冬の方が気を付けなければいけないってご存知でしたか?

寒~い冬。あったかくして出かけたら歩いているうちに暑くなっちゃった。

電車の中や室内の暖房が効きすぎていて汗かいちゃった。

こんな事、よくありますよね?

なぜ冬の汗は臭いに要注意なのか、そして臭い対策としてするべき事とは?

今回は、冬なのに意外と気になる汗のお話をしたいと思います。

スポンサードリンク

なぜ冬は汗の臭いが気になるの?

夏よりも冬の方が汗の臭いを気にしている人って多いんです。

夏は確かに多く汗をかきますが汗自体サラサラしていますし、みんなデオドラントに気を付けているので対策は万全。

一方、冬は小汗とも呼ばれるように夏に比べ汗の量は多くはありません。

デオドラント対策を怠って、ついつい油断しがちな季節です。

その他にも冬の方が汗が臭いやすい理由がありました。

1.重ね着

冬は重ね着をするので、汗が外に発散されにくく長時間、服の中に汗が停滞することになります。

これにより、服の中は湿度が高い状態が続き雑菌が繁殖しやすくなるのです。

雑菌の繁殖が汗の臭いの主な原因ですので、冬の汗は臭いやすいんですね。

2.塩分濃度

冬は夏に比べると水分の摂取量が多くありません。

また、空気の乾燥により水分を摂取しても体の保湿に使われてしまうのです。

こんな理由から冬は汗に含まれる塩分濃度が濃くなり、臭いの強い汗になってしまうのです。

3.基礎代謝

実は冬は基礎代謝が一番高い季節。

冬の寒さから身の安全を確保するために人体はカロリーを消費して熱を作り出します。

そのため、冬は基礎代謝量が高くなるのです。

基礎代謝が高くなるという事は少し動いただけでも汗を掻きやすい状態ですので、冬は案外、汗を掻きやすい季節なのです。

冬の臭い対策とは?

cold-999972_640

では、冬の汗対策はどうしたらよいのでしょうか?

デオドラント

夏のように冬もデオドラントケアをしましょう。

ナチュラルコスメのデオドラントは植物天然鉱物の殺菌、消臭効果を利用しているので、お肌にも安心して使用できます。

脇の下はデリケートな部分なので、化学合成物質を含んでいないデオドラント剤をぜひ選んでくださいね。

衣服

脱ぎ着しやすい服装を選んで、暑いと感じたらすぐに脱げるようにしましょう。

インナーは出来るだけ通気性の良い素材を選びましょう。

最近は、暖かく、しかも消臭効果もあるインナーが販売されてます。

これらの商品を上手に取り入れてみてくださいね。

頻繁にクリーニングに出さない衣類は、着用後に部屋の中でハンガーで吊るし湿気を十分に取ってからクローゼットにしまってください。

食事

動物性のたんぱく質や脂質を多く摂取すると臭いが強くなる傾向があります。

肉類や乳製品の摂取はほどほどにしておきましょう。

逆に積極的に摂りたい食物は海藻類きのこ類大豆緑黄色野菜などです。

これらの食物は体をアルカリ性傾向にし、体臭自体を予防してくれます。

スポンサードリンク

汗対策で冬も爽やかに

まとめ

ついつい怠りがちな冬の汗対策。

実は、冬の汗の方が夏よりも濃く臭いも強い傾向があります。

 

デオドラント剤は冬も必須アイテム。

脇の下はデリケートな部分なので、ナチュラルなデオドラント剤を選ぶようにしてください。

衣類は汗をかいたらすぐに脱げるような物を着ましょう。

通気性が良く、防臭効果のあるインナーをぜひ味方につけてね!

食事面は動物性たんぱく質や脂質を控えて、海藻・きのこ類・大豆・野菜を積極的に摂取するよう心がけましょう。

 

冬も臭い対策をきちんとして、爽やかに過ごしましょう。

スポンサードリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る