顔の小じわ対策 内側からプルプルお肌になれる食べ物

portrait-865007_640

数年前まであまり気にならなかった小じわですが、鏡を見るたび気になる今日この頃。

このまま私の顔はシワシワになっちゃうの!?

このまま肌の老化が進んだら、薄暗い屋内でしか人と会いたくなくなってしまうわ。

何とかせねばなりませんっ!!

そこで、今回は内側からしわの対策ができる食べ物に焦点をあてて調べてみましたよ。

スポンサードリンク

内側から小じわのケアはできるのか?

お肌のケアといったらやっぱりスキンケア。

やっぱり私も高価な美容液やクリームを使った方が良いかしら?なんて思ってしまうわけです。

しかし、普段の食事を見直すだけで小じわ対策になるのなら、高価なコスメを買わずに済むかも?

 

私たちは食べた物で出来ている

私たちの体は私たちが食べたもので出来ていると言われているのご存知ですか?

お肌も体を構成する一部ですから、お肌は私たちが考えている以上に食べ物の影響を多く受けているのです。

基本的にはどの食材にもそれぞれの働きがあり、まんべんなく色々な食材を食べたほうが良いというのが私の個人的な考えですが、今回は小じわに効く食材をご紹介します。

積極的に摂りたい食べる美容液

vegetables-790021_640

多くのコスメで使われているあの成分、実は普段の食事からも摂れるんです!!

高級な美容液を買う前に食事から美容成分を摂ってみませんか?

 

レチノール

ビタミンAはお肌の細胞の働きを活発にしてキメを整えてくれます。

化粧品の成分としても使われるレチノールはビタミンAの成分なのです。

このレチノールを多く含む食材は

レバー、ウナギ、ほたるいか、アナゴ、アンコウの肝など。

ただし、脂溶性ビタミンなので、摂りすぎには気を付けましょう!!

でも、次にご紹介するカロテンなら必要な分のみ体内でレチノールに変換しますから、こちらのほうがおススメです。

カロテンを多く含む食材は

ニンジン、モロヘイヤ、ほうれん草、あしたば、大根の葉などです。

積極的に摂りたいですね。

 

アスタキサンチン

主に魚介類に含まれる赤い色素がアスタキサンチン。

非常に強力な抗酸化作用があるので、絶対に食べていきたい食材です。

主な食材は

鮭、いくら、エビ、きんき、鯛など。

 

ムコ多糖類

お肌の中のコラーゲンとエラスチンのすき間を埋めているのがムコ多糖類。

とにかく保湿力がすごいんです!

多く含んでいる食材は

山芋、里芋、オクラ、なめこ、めかぶ。

 

エラスチン

お肌のハリを保つ成分エラスチン。

これが減少するとシワたるみの原因にもなるので、欠かさず摂りたいですね!!

エラスチンを含む食材は

煮魚、高野豆腐、軟骨、牛すじ肉などです。

 

セラミド

お肌の水分を蒸発しないようにバリアの働きをしてくれているのがセラミド

不足すると乾燥、シワの原因に!

セラミドを含んでいる食材は

生芋こんにゃく。

通常のこんにゃくにもセラミドは含まれていますが生芋こんにゃくは5倍のセラミドを含んでいます。

 

コラーゲン

お肌プルプルといったらコラーゲン!

コラーゲンを食べたからといって、お肌に全て行くわけではありませんが、やはり積極的に摂っていきたい食材ですね。

多く含む食材は

煮魚、豚足、手羽先、うなぎ、フカヒレ、ゼラチン。

明日からデザートなゼリーにします。

スポンサードリンク

食べれば内側からシワを改善

いかがでしたか?

シワを発見すると憂鬱な気分になってしまいますよね?

高価な美容液やクリームでケアをしたくなりますが、いつもの食事に美容成分をたっぷり含んだ食材を摂ればお肌がプルプルに蘇るかもしれません。

まずはコスメにも使われている成分を多く含んだ食材を積極的に摂るようにしませんか?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る