弾ける体をキープ! 肌のハリを取り戻す3つの方法

woman-506120_640

大人のしっとりと吸い付くような肌質も好きですが、若さ溢れるパーンと弾ける素肌もキープしたいのが女心。

特にバストやヒップの辺りはハリ感が重要。

ここがションボリしていると一気に老けた気分になってしまいます。

今回はいつまでも水を弾くフレッシュなボディをキープする方法をご紹介致します。

スポンサードリンク

筋肉で肌を支える

若い頃は全く気にならなかったのに、年を重ねていくと何だか体全体の輪郭がぼやけたように感じられる事があります。

この輪郭のぼやけこそ、ハリがなくなってきた証拠なのですが、なぜこんな風になってしまうのでしょう?

 

筋力の衰え

筋力は20代をピークに段々と低下していきます。

ここに運動不足やダイエットなどが加わると筋肉の量が減り、徐々に肌のハリが失われていきます。

ハリが無くなると皮膚は脂肪を支えきれなくなり、どんどんたるんだ体になっていってしまうのです。

コワいでしょう?

 

まずはやっぱり筋肉を付けるのが一番だと言えそうです。

でも、「忙しくて運動している時間がない」「わかっているけど運動が苦手で続かない」

こんな方もいらっしゃるでしょう。

そんなあなたでも大丈夫!

簡単で続けられる方法があるんです!!

それは・・・・・大きな歩幅で歩くだけ

大股で歩くと分かると思いますが、脚やお尻の筋肉を結構つかいます。

大きな歩幅で颯爽と歩いた方がカッコいいし、ちょっと意識するだけだから誰でも出来るでしょう?

スポンサードリンク

内側から肌を支える

筋力UPと並行して食事も少し見直してみましょう。

お肌のハリを取り戻す食材をご紹介します。

 

中から保湿

歳を重ねるほどに体の中の水分量は減っていきます。

肌の水分量が減ると乾燥してハリが失われますから、毎日1.5Lほどの水分を摂る事をおすすめします。

水分といってもお砂糖のたっぷり入ったジュースや炭酸飲料ではダメですよ。

ミネラルウォーターノンカフェインのハーブティ常温が温かい温度で飲むようにしましょう。

 

コラーゲンとビタミンCのコラボレーション

raspberries-182576_640

コラーゲンは単体で食事として摂っても途中で分解されてしまいお肌にまでは届いていないのです。

コラーゲンを再合成させるためにもビタミンCを一緒に摂りましょう。

コラーゲンを多く含む食材は

煮魚、フカヒレ、アンコウ、手羽先

ビタミンCを多く含む食材は

パプリカ、ゆず、パセリ、芽キャベツ、レモン

外から肌を支える

お肌のハリを保つにはボディケアも不可欠。

お風呂上りに軽くマッサージしながらオイルやクリームを塗りましょう。

今回はハリUPのマッサージオイルをご紹介します。

 

ハリを取り戻す魔法のマッサージオイルレシピ

ローズヒップオイル  10ml (ローズヒップオイルは酸化しやすいので1か月以内に使い切ってください)

パルマローザ 2滴

水分が残った状態でオイルを塗り、その後残った水分をタオルで軽く抑えるようにしながら拭き取りましょう。

まとめ

いつまでもパーンとハリのある若々しい素肌をキープする方法をご紹介しました。

1.筋力UP

大股で歩いて太ももとヒップの筋肉を鍛えましょう。

2.食事でハリUp

コラーゲンとビタミンCを一緒に摂るようにしましょう。

コラーゲンはビタミンCと一緒だと再合成されますよ。

3.外側からケア

お風呂上りに水分が残っている状態でオイルを塗るとハリ感が増します。

ローズヒップオイルとパルマローザでマッサージオイルを手作りしてみてください。

もちろん顔にも使えますよ。

 

運動・食事・ボディケアの3本柱でいつまでも弾けるお肌を保ちましょう!

スポンサードリンク

tAUvCXEXirc86Ce1451726843_1451727106 (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る