ココアに驚きのパワー!美容と健康に良いおススメの飲み方

hot-chocolate-1068703_640

寒い日に飲む1杯のココア。

心がほっこりして幸せな気分になります。

私は毎朝ココアで1日をスタートさせるのですが、それは美味しいだけではなく美容にもとても良いから。

皆さん、ココアに驚きのパワーがあるってご存知でしたか?

皆さんもココアパワーで美しく健康になりましょう!

スポンサードリンク

ココアって何から出来ているの?

カカオ豆をローストし、すり潰すとカカオバターが溶け出してきます。

油脂が出てきてドロドロになったもの、これがチョコレートの原料カカオマス

このカカオマスから一定量の脂肪分を取り除いたものココアになります。

ちなみに脂肪分を取り除かずに砂糖などを加えて固めたものがチョコレートです。

チョコレートも良いけれど、ココアの方が油脂が少量で甘さも自分で調節できますから、カロリーが気になる方はココアを楽しんだ方が安心ですね。

cocoa-728209_1280

ココアに含まれている驚きのパワーとは?

温かい飲み物といえばコーヒーや紅茶、緑茶あたりが代表格でココアはちょっとマイナーなイメージ。

毎日ココアを飲んでいる人って少数ではないでしょうか?

でも、ココアにはコーヒーやお茶にはないたくさんの効能があるのです。

 

 

アンチエイジング

ココアには赤ワインよりも豊富なポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは強力な抗酸化作用があり、老化の一因でもある活性酸素の増殖を抑える働きがあります。

ココアを飲めばシワやシミも怖くないかも?

 

デトックス

ココアに含まれているリグニンというポリフェノール。

リグニンには食物繊維が含まれているので便秘の解消にも効果的です。

善玉菌を増やして腸内環境も良好になります!

 

冷え解消

ココアに含まれているテオブロミンには毛細血管の血流を良くする働きがあります。

またココアは体が暖まった状態を長く持続させる働きがあります。

寒い冬にはココアですね。

 

その他嬉しい効果

ココアには美容面だけではなく健康面でも様々な効果があるので、さっくりご紹介します。

ピロリ菌撃退ーココアの殺菌作用で胃がんの原因ピロリ菌が殺菌されると言われています。

がん予防ーココアに含まれるポリフェノールは活性酸素を中和し、細胞のダメージを防いでくれます。

脳力UPーココアには脳の血流を改善し記憶力がUPするという実験結果があります。

貧血予防ーココアには鉄分が多く含まれています。

他にも亜鉛マグネシウムが豊富に入っていますよ。

 

ココアってスーパーフードだったんですね!!

恐れ入りました~~

スポンサードリンク

おススメの飲み方

ココアは栄養豊富ですが、飲みすぎるとカロリーオーバーになってしまうイメージはありませんか?

しかし、実際のところココアは大さじ一杯でたったの16kcalしかないのです。

カロリーオーバーにならないためには、お砂糖やミルクの入っていない純ココア(ピュアココア)を選ぶようにしましょう。

そして、出来るだけお砂糖を使わないのがコツです。

甘くしたい時はハチミツやメープルシロップで!

お砂糖を使わないココアレシピをご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

hot-chocolate-1047608_640

 

私が毎朝飲んでいるココアレシピ

ココア大さじ1

バナナ1本

牛乳160cc

これをミキサーにかけるだけ。

夏は冷たいまま飲んでいますが、冬は温めて飲んでいます。

お砂糖を入れなくてもバナナの甘さで十分ですよ。

牛乳を豆乳にしても良いと思います。

これだけで満腹感が得られるので、食事の前に飲めばダイエット効果も期待できます。

 

ショコラオレンジ

ココア小さじ1

牛乳140cc

オレンジジュース 大さじ1(オレンジリキュールにすると大人の味に)

こちらも混ぜるだけ。

 

カレーの隠し味

カレーの隠し味にインスタントコーヒーを使ったりしますが、ココアも隠し味におススメ。

ココアの苦みがカレーのコクを際立てます。

 

☆分量はお好みで調整してね。

ココアで美味しい・ビューティー・ヘルシー

美味しくて身も心も温まる上、美容にも健康にも良いココア。

ココアの効能をもう一度おさらいしましょう。

・アンチエイジング

・デトックス

・冷え解消

・ピロリ菌殺菌、がん予防、脳力UP、貧血予防

カロリーオーバーにならないためにもココアを選ぶ時は必ず純ココア(ピュアココア)にして下さい。

毎朝1杯のココアで、いつまでも若く賢く健康でいられそうですね!!

スポンサードリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る