髪もアンチエイジング!白髪改善に有効なアプローチ3つ

girl-984060_640

「あ~、ついに私にもこの時が来たか・・・」

白髪を初めて発見した時、とってもショックだった事を思い出します。

1度白髪を発見してしまったら、その後はどんどん増えていきますよ。

男性から聞いた話ですが、綺麗にしている女性の髪に白髪を発見してしまった時って、彼らも軽くショックを受けているようです。

男性の方が女性より背は高い人が多いので、私たち女性の頭のてっぺん、けっこう見られているんですね!

これを聞いて何だかいたたまれない気持ちになった私。

もうこの先白髪が減っていく可能性は低いのだから少しでも増やさないようにする事、そして、目立たなく見せる方法が髪のアンチエイジングと言えるのかもしれません。

スポンサードリンク

白髪の増殖を食い止めろ!!

白髪ができてしまう原因は老化、ストレス、生活環境、病気などによる色素細胞の機能低下です。
日ごろのお手入れをしっかりしていれば数年後には差が出てきますから、白髪が出来てしまったからと諦めないで一緒に頑張りましょう。

まず、白髪に対するアプローチで大切なのは

・栄養

・血行を促すケア

・頭皮を傷めない製品選び

では1つずつ細かく見ていきましょう。

髪が喜ぶ栄養とは?

白髪に有効な栄養っていったい何だか分かりますか?

ワカメとか昆布・・・・・かな?

昔から海藻は髪に良いと言われていますが、半分は本当、半分は迷信のようです。

海藻に入っているビタミンやミネラルは血液の流れをスムーズにする働きがありますから、頭皮にも良い影響を与える事は確かです。

摂らないよりは摂った方が良いでしょう。

しかし、髪を黒くする・髪がたくさん生えるなど直接的な影響はないようです。

では、何を食べると良いのでしょう?

 

①チロシン

聞きなれない言葉ですが、チロシンというのはアミノ酸の一種です。

チロシンが含まれる食材は青魚、大豆製品、牛肉、卵、チーズそしてタケノコに付いているいる白いもの・・・・あれこそがチロシンなのです。

タケノコに付いている白いもの、白髪ケアをしたいなら絶対に捨ててはダメですよ!!!

 

②ビタミンB6,B9(葉酸)

チロシンを摂ったら吸収を良くするためにビタミンB6とビタミンB9(葉酸)を一緒に摂りましょう。

ビタミンB6が多く含まれている食材はマグロ、かつお、牛レバー、ニンニク、唐辛子、ピスタチオ、抹茶など

ビタミンB9(葉酸)が多く含まれている食材は海苔、ワカメ、抹茶、レバー、枝豆、干し椎茸など

積極的に食べましょう。

 

③セレニウム

桜エビ、ゴマ、ねぎ

桜エビは着色されているものがあるので、無着色を選んだほうがベター。

ゴマは皮があるので良く噛んで下さい。

練りゴマペーストはお料理にも使いやすいしおススメですよ。

 

④カルシウム

カルシウムは黒い色素を作るメラノサイトを活性化します。

桜エビ(セレニウムも入っているし、何にでもかけちゃいましょう)、豆腐、モロヘイヤ、ひじきなどに入っています。

 

⑤銅

銅はアミノ酸を黒く染める時に必要な成分です。

銅を摂るにはタコ、スルメ、イカ、カシューナッツ(おつまみはこれに決まり!)

スポンサードリンク

頭皮の血行を促す

ブラッシング

頭皮の血行を促すのに一番良いのはブラッシングです。

髪の毛が乾いている状態で1日1回優しくブラッシングして下さい。

ブラシは天然素材の物が頭皮に優しくてGOOD!

 

オリーブオイルマッサージ

オリーブオイルを使ったオイルマッサージは白髪に効果的です。

オイルを頭皮になじませて、指の腹を使ってマッサージして下さい。

オリーブオイルは食材として摂るのも効果的です。

頭皮に優しい製品選びの極意

girl-872149_640

いくら白髪によい食材を摂って、血行を良くしても、頭皮を傷めては本末転倒。

ヘアケア製品は頭皮に強すぎる物もあるので注意しましょう。

 

シャンプー

まず、シャンプーには多くの合成界面活性剤が使われています。

ラウリル硫酸Na、ラウリス硫酸Na、パレス硫酸Na、スルホン酸などと書いてあるものは最低限使わない方が良いと思います。

 

ヘアカラー

白髪が多くなってくると多くの方は白髪染めで染めるとおもいますが、白髪染めはかぶれたりアレルギーを起こす事もあります。

私がお世話になっている美容師さんもおっしゃっていましたが、長年白髪染めを使っていると薄毛の原因にもなるようです。

でも、白髪をそのままにしておくなんてムリな相談ですよね。

そこで白髪を染めるおススメヘアカラーのご紹介です。

 

ヘナ

ナチュラル派の方はヘナで髪を染めているようです。

白髪はオレンジ色に染まります。

いやな方はインディゴや木蘭を混ぜたヘナにすると黒く染まりますよ。

植物性でトリートメント効果もあり。

 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングしながら染めていきます。

髪を明るくする事はできませんが、髪や頭皮のダメージはほとんどないと言って良いでしょう。

ヘアマニキュアで染めると髪にツヤがでます。

髪のアンチエイジング

白髪とは一生お付き合いしていかなくてはいけませんから増やさないように努力しながらも仲良くしていきましょう。

白髪のケアには

栄養

・血行促進

・頭皮を傷めない製品選び

が大切でした。

白髪が少ないうちは、ヘアスタイルで目立たなくする事もできるので、美容師さんに相談してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 07日

ページ上部へ戻る