マッサージで憧れボディに!脂肪は揉むと減るってホント?

female-865000_640

スラっとしたしなやかな脚、くびれた細いウェスト・・・

憧れのボディと自分の体を見比べて溜息をつく日々。

食べないダイエットは健康に悪いし、運動をする時間もないし、別にモデルじゃないし・・・

言い訳はたくさん思いつくけど、スタイルの良い女性を見るとやっぱり羨ましい。

私もあんなにスタイルが良ければ、もっと素敵な人生歩めるかも?

でも・・・だって・・・

 

さあ、今年こそ自分への言い訳をやめてシェイプアップを始めませんか?

スポンサードリンク

マッサージだけで脂肪は減らせるの?

今回は結論から言ってしまいます!

マッサージをしても痩せません!!!

 

ああ~~、読むのをやめないで~~

 

確かに揉んでも痩せはしないのですが、脂肪が燃焼しやすい状態にはなるのは確か。

それに、マッサージでサイズダウンは可能なのです。

脂肪が付いている原因

私も含め女性は良く痩せたいと言っていますが、痩せたいというよりは気になる箇所をサイズダウンしたいという意味ではありませんか?

ちなみに私がサイズダウンしたい箇所は太ももです。

これは永遠のテーマかも!?

あとは、お腹とかウェスト、二の腕などを気にしている女性が多いのではないかしら?

結局、体重云々よりも見た目がどうかですよね?

 

憎き存在である皮下脂肪は血行不良リンパの滞りによって付きやすくなります。

この状態を放っておくと、さらに進んでセルライトになってしまいます。

セルライトは皮下脂肪の組織が水分や老廃物を含んで肥大化している状態ですから、マッサージで老廃物を流しやすくすると解消する事ができます。

気になる箇所だけがサイズダウンすれば、胸など痩せて欲しくない部分はそのままですから、やみくもに体重を減らすよりも凹凸のある女性らしい体つきになれるかもしれません。

効果的なマッサージのやり方は?

血流とリンパの流れを良くして脂肪を撃退するマッサージの方法をご紹介します。

気になる箇所の皮下脂肪を撃退しようと、グイグイと強くマッサージしてしまいがちですが、ここは気持ちをグッと抑えて優しく揉んでくださいね。

 

1、マッサージする箇所にオイルやローションを塗ります。

2、ストローキングー手のひら全体を皮膚に当て、圧力をかけながら下から上へアイロンをかけるように撫でていきます。

3、ニーディングー指から手のひらまでを使い、皮下脂肪を上からつまむように揉んでいきます。

4、ナックリングー握りこぶしを作り、皮膚の上をゆっくりと押します。手を放す時もゆっくりと。

5、S字マッサージー右手と左手を使い、雑巾を絞るように揉んでいきます。つまんだ脂肪がS字になるように。

6、最後はストローキングで仕上げます。

くれぐれも、あざが出来るほどの強い力でマッサージしないようにしてくださいね。

また、40度のお湯に浸かりながら気になるを箇所を10分モミモミモミすると、脂肪が分解されやすくなり効果的です。

マッサージオイルで効果UPを狙う

olive-oil-321815_640

オイルやローション、クリームは手の滑りを良くし、皮膚に出来るだけ刺激を与えないためにも必ず使ってください。

使用するものは何でも良いのですが、どうせなら効果的な物の方が一石二鳥ですよね。

いくつかご紹介しますので、参考になさってくださいね。

 

キャリアオイル(ベースのオイル、これだけでもOK)

・ヘーゼルナッツオイル

・セサミオイル(太白ごま油の白いごま油がおススメです)

・ココナッツオイル

 

エッセンシャルオイル(キャリアオイルに数滴入れてください)

・サイプレス(血流改善)

・ジュニパー(老廃物の排出)

・セージ(むくみ、脂肪分解)

・ローズマリー(血液循環促進)

・ゼラニウム(リンパの流れの改善)

・ブラックペッパー(血行促進)

NOマッサージNO部分痩せ

zen-865022_640

揉んでも直接的に脂肪が減る訳ではありませんが、結構促進・リンパの流れの改善により脂肪が燃焼しやすい環境作りをする事ができます。

むくみやセルライトが原因の場合はさらに効果的。

マッサージなくして部分痩せは不可能です。

マッサージをする時は力任せに揉まず、あざが出来ないように優しくマッサージしてくださいね。

今回は4種類のマッサージをご紹介しました。

1日に1~3回10分程度、ご紹介した流れでマッサージをしてみてください。

続けていけば効果を実感できるはずです。

マッサージをする際はオイルを使うと更にGOOD!

私も脚のマッサージを怠ると、太くなる気がします。

お風呂に入った時、またはお風呂上りの毎日の習慣にして憧れのボディに近付きましょう!

スポンサードリンク

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 17日

ページ上部へ戻る